はじめての不動産投資

不動産投資の初心者であれば、「どのようにして投資を進めればいいかわからない」ということもあるはずです。そこで今回は不動産投資をはじめるまでの流れを簡単にご紹介していきます。

不動産投資までの流れ

投資方法を選定する

不動産投資において、購入する物件の品質も非常に大切ですが、それ以上に資産形成の目的と目標を明確にすることが大事です。何をゴールにして資産形成をするのか、どれぐらいの資産を運用するのか、ということを細かく決めて、その上でご自身に適してる投資方法を制定してください。

不動産投資の仕組みを知る

投資方法を選定した後は、その投資について理解する必要があります。そのため、投資用マンションや住宅などを販売している不動産に直接聞いておきましょう。インターネットで勉強するのもありですが、不動産投資で失敗しないためには、不動産の方の意見を聞いておくことも大切です。

投資用の物件を選ぶ

投資の仕組みを理解したなら、いよいよ投資用の物件を選んでいきます。投資用の物件を探すときには、なるべく信用できる会社に依頼しましょう。また、提案された物件が自分の運用目的に合致しているかを冷静に判断していきます。

投資物件の購入手続き

購入したい物件が見つかった場合には、他の人に購入される前にすぐに動くべきです。物件購入の申し込みをし、売買契約に持ち込みましょう。購入後は不動産の状態をチェックし、問題なければ契約は完了です。後は、賃貸管理や建物管理をしてくれる不動産を見つけ、運用を委託しておくといいでしょう。

海外不動産投資を始めよう!上手に資産運用するためのノウハウ

空き部屋

注目されている海外不動産投資

バブル時代より不動産投資は資産家達の間で人気がある投資方法でしたが、最近では国内の少子高齢化や市場の成熟によって「海外不動産投資」に切り替える投資家達が増えつつあります。海外不動産投資は文字通り、海外にある不動産を購入し、その価値が高まった時に売却するという投資方法です。

海外不動産投資の魅力

日本は現在、人口増加や経済成長による不動産価値の上昇は見込めません。つまり、不動産投資による利回りは期待できないということです。その一方で、海外では人口増加や経済成長が見込める国も沢山あり、不動産投資の価値は十分にあります。また、海外不動産は日本に比べて、基本的に安く購入できる傾向にあります。初期費用を抑えるという意味でも海外不動産投資は魅力的でしょう。

投資マンション売却のコツ

投資マンションを売却して高い収益を得たいという方は、その物件周辺の相場や物価をリサーチしておきましょう。相場・物価を知っているだけでも、投資マンションの価値を決めやすいですし、適正価格を把握できます。また、売却に時間をかけたくないという場合、売却する旨を不動産に伝え、依頼するといいでしょう。専任媒介契約を結べば、積極的に売却活動を行ってくれるはずです。

[PR]
賃貸保証会社のサービスが凄い♪
経営の負担を軽減しよう!

不動産投資に関するQ&A

不動産投資セミナーは参加すべき?

物件情報や投資のコツはネットで調べてもわからない情報ばかりです。その点、不動産投資セミナーはそのような情報をわかりやすく解説してくれるので、不動産投資の初心者にとってためになると言えるでしょう。