不動産の経営で知っておきたい情報!賃貸保証会社の魅力をご紹介

不動産の経営をする前に

不動産の経営をするときには、賃貸保証会社を利用することもあるはずです。入居希望者との契約をスムーズにするためにも、まずは入居者に渡す書類一覧をチェックしていきましょう。

入居者に渡す書類・準備してもらう物一覧

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 印鑑証明書
  • 預金通帳のコピー
  • 保証会社への申請書
  • 入居申込書

不動産の経営で知っておきたい情報!賃貸保証会社の魅力をご紹介

マンション

そもそも賃貸保証会社って何?

賃貸保証会社は借主が家賃を延滞したときに、貸主に対して賃料の負担を立て替えてくれる会社です。当然、賃貸保証会社のサービスを利用するためには、手数料を支払う必要があります。ですが、この手数料は入居者が支払うため、オーナー側にとっては便利なサービスと言っても過言ではありません。

賃貸保証会社のメリット

賃貸保証会社を利用する最大のメリットは、何より入居者の家賃滞納リスクを軽減できるということでしょう。連帯保証人を立てた入居者でも、家賃滞納による取り立ては時間と手間がかかります。その点、賃貸保証会社に依頼すれば、賃料の立て替えを全て代行してくれるので、手間暇が必要ないです。

賃貸保証会社の選び方

賃賃保証会社が提供するサービスは、家賃の立て替え、催促・取り立て、入居者の審査などが主なことです。どの賃貸保証会社を選んでも、そのサービスが基本となっています。ですが、賃貸保証会社によって、取り立て方法や審査基準などは異なります。そのため、賃貸保証会社を選ぶときはご自身の意を汲んでくれる会社を選びましょう。

賃貸保証会社での注意事項

賃貸保証会社を導入することで沢山のメリットがあります。ですが、その一方で過剰な催促・取り立てが社会問題にも発展し、問題視されています。入居者から滞納金を払ってもらうということは大前提ですが、やり過ぎない程度に催促・取り立てする会社を選ぶことが大切です。

最後に

賃貸保証会社は入居者の審査、賃料の未払いの取り立てなど、不動産を経営する上で便利なサービスを提供しています。不動産の経営に不安がある場合には、賃貸保証会社を利用してみてはいかがでしょうか。